よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

英国王のスピーチ
 と、いうわけで、「英国王のスピーチ」です。

久々の映画館での映画がこれで良かった。

吃音症のヨーク公アルバート王子が、言語聴覚士と妻の二人三脚(ん?三人四脚?)でコンプレックスを克服、イギリス王ジョージ6世へと立派に成長していくさまを描いた作品。
ジョージ6世は実在の王で、現エリザベス女王のお父さんのお話、ということになります。
言語聴覚士の記録から書き起こされた脚本なんだそうで、構想自体は30年前からあったが、王室の辛い過去でもあったため、映画化が見送られていたらしい。

ヨーク公=ジョージ6世を演じたのがコリン・ファース。
「アナザーカントリー」で目を止めて(今で言う腐女子だったので...)、ブリジットジョーンズで上手くなってて、今回のこの英国王。(シングルマン、観なきゃ!!)
言葉が出ないもどかしさ、焦燥するマイク前、ストレスや重圧から逃げず、王位を継ぐことに震えながら、でも力強く立ち向かっていくさま、素晴らしかった。

ちなみに、最初この役のオファーはヒューグラントにいったらしい。
ヒューも面白い俳優だけど顔面演技な傾向あるし(よく動く顔だなーっていつも関心してしまう)、コリンファースでよかったと思う。

ヘレナ・ボナム・カーターも、いつもちょっとウザいけど、あっけらかんとしてて芯が強くて、あのくらいのほうが和めそうかもと思えた。

言語聴覚士はジェフリー・ラッシュ。製作総指揮までもこなす名優。
彼がいなければコリンはアカデミー男優賞なんて獲れてなかったんじゃないかな。
ベートーベン流れるラストの表情も唸りました。
これは単純なハッピーエンドではないのだと、その表情で語っている。

それと、衣装のジェニービーヴァン。
「服綺麗だなー」って思うと衣装はこのひとだったこと多数。
ヨーロッパ的で華美すぎないところが好み。

深い深い霧のイギリスの風景、色調も全体的に優しくシック。心象風景をカメラワークで表す場面がいくつかあるのですが、あざとくなくとても効果的。

映画的演出の数々は書ききれませんが、どれも非常に丁寧で素晴らしかった。


DVDでいいので、みなさま見てください。


: 音楽とか美術とか映画のこと : comments(0) : trackbacks(1) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hanafusa.jugem.jp/trackback/1047
6週間以内に吃音(どもり)を克服し、不安のない人生を手に入れられる、これまで300名以上の吃音者に支持されてきた特別なプログラムをあなたにお教えします。
: 吃音(どもり)完全克服プログラム : 2011/06/21 9:32 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>