よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

なつの読書@橋本治
夏の読書のこと。

午前中にいろいろ片付けて昼下がり息子と海に出かけて
帰って砂を落として麦茶飲ませてシャワーして
着替えてガリガリくん食べさせて。

そして体を動かしたあと、へとへとになって夕方ちょっとゴロリと横になるとき、数ページをめくるだけの読書。これもまた快楽。
マンガも映画も音楽も芸術も好きだけど、延々文字が並ぶ「本」の世界も、とても大事。

春に10年ぶりにどハマリしてる橋本治。

嫌いだった時期があるわけでなく、なんとなく離れていただけで、20年以上前から「好き」というのはかわりません。

よめこ再ブレイクのきっかけは「蝶のゆくえ」

そこから最近の作品を少し読んで、いまは「その未来はどうなの?」までおいついた。

よめこにとって、橋本治はずっと昔から「もっと、もっともっともっと、ちゃんと考えよう!」と啓蒙してるひとで、今でもそれは変わってません。
「何故考えなければならないのか」、の「問題」の部分を噛み砕いてくれるあの感じ、わくわくするし、いつも理路整然としてます。

そして彼が喚起する「わくわく」は、難問を解けそうなヒントをもらえた喜びに通じていて、モチベーションをあげてくれる。

偏ってるかもしれないけど、好きです、橋本治。












































: 読書 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>