よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

最近観た映画 2013覚書 1
 映画のこと、最近全然書いてないなあと思ってたら2013はまだ一度も覚書してなかった。
今ふと覚えてる映画と感想を覚えてるだけ記します。(誰に強要されるわけでもないのだけど)


・桐島、部活やめるってよ  
文句なく面白かったです!!たぶん私が今年観た映画でNO1だろうなー。
「クヒオ大佐」の時も思ったんだけど吉田監督は「バツの悪さ」の描写に緊張感あってヒヤっとする。俳優達は「あまちゃん」ともダブってることが多くて「へえ〜」と今、二重に楽しいかんじ。
原作の描写が映画のそれとは違うと聞いて原作も読んでみたい。
語りだすと止まらなくなるのでここまでw


・悪の教典 
桐島からの、学園モノつながりでみた。
思ってたより面白かったけど、『これって「バトルロワイヤル」?』みたいな。(でもってバトロワよりも落ちる作品)映画好きとしては伊藤英明=蓮実(ハスミン)ていうのは蓮見重彦想像しちゃって最初ぞわぞわしたけど、途中からばんばん殺しまくるあたり笑えた。ただ、あらすじもオチを知ってても原作を読みたい映画なのかって問われると、そうじゃない。


・バチェロッテ あの子が結婚するなんて! 
もっと軽く観れる作品だと思ってたのになーって、これは「SATC」じゃなくて「ヤング≒アダルト」系らしい。過去の栄光を引きずった、アラサー女が描かれるんだけど後味の悪さがなーんか気持ち悪い。良いな!と思ったのはキルスティン・ダンストが泥酔してる女友達の口に指突っ込んでゲロさせてあげる場面。嘔吐馴れしてるからこそのあの甲斐甲斐しさ、嫁にしても大丈夫なスキルを伺える。なるほどねえ。


・ルビースパークス
「(500)日のサマー」みたいな映画ってことなんだろうけど、甘すぎてちっとしんどい部分も。
エリア・カザンの孫が脚本書いてて、主演女優(ゾーイ・カザンって名前です)もしてて、しかも主演男優とこの映画をきっかけに現在も交際中ってなんか...なんかイヤ(笑)
若くして作家として一回成功しちゃった人が主人公、って設定にしては、苦悩の部分の描写が弱くて感情移入しにくかった。でもポール・ダノくんは好きだからジタバタしてても可愛かったし、世界中でそれをそれとして許してくれる人たちもいっぱい居たと思う。












: 音楽とか美術とか映画のこと : comments(0) : trackbacks(0) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>