よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

最近観た映画覚書 2013 その2
 先週まで、怒涛のワークショップ週間で、今やっとちょっとひといき。

おいでくださった皆様、本当に有難うございました。
さすがに全講座終えた後は咽喉枯らしぎみになりましたが、沢山の方々と色々な話が出来て、本当に嘘偽りなく楽しかったですし、次の学びの素を頂いた貴重な日々を過ごせました。

で、久々に更新しといて個人的な覚書更新だったりしますw 


・あなたになら言える秘密のこと
甘ったるいタイトルから反して、びっくりヘヴィな物語。
何にも知らずに「ラブロマンスか〜」って観ると、ちょっと落ちる人もいるかも。『死ぬまでにした10のこと』の主演女優と監督が同じってことは観た後から知りました。
イザベル・コイシェは口が堅そうな秘密を持ってる役がハマってたし、ティム・ロビンスがね、もう、良かった(そもそも好きだけど、更に上書きされた)。台詞で説明する場面が少なくて、フラッシュバックとかも使わずに、でも充分に、だからそれ以上に強く伝わるように作ってあるし、近年で一番美しいキスシーンも観れたし。実は観たの2ヶ月くらい前なんだけど割りと鮮明に覚えてて、ほんと良い作品だと思う。


・ウォーリー
2008年公開のピクサーアニメ。ロボットが主人公のやつです。
今頃なんで?って、単に見落としてたんだけど、こんなに面白いと思ってなかった!脚本すごい。よく練れてる。結構尺の長いアニメだけど展開に次ぐ展開で、息子も飽きずに最後まで観れました。
毒も結構キツイ塩梅で効いてて、子どもと一緒に見る大人にはそこが響くんだし、すごい。『Mrインクレディブル』のときも書いたけど『カーズ』より『ウォーリー』の続編のが観たい。
クレジットロールの脇に出てくる、64ビットくらいのアニメのせいで息子も本当にきっちり最後まで観た作品でした。



・バス男
日本で公開された当時、『電車男』ブームだったためにこんなタイトルつけられちゃったけど、本当は『ナポレオン・ダイナマイト』ってタイトル。レンタルで探すときは「バス男」で。
ナポレオン・ダイナマイトとは主人公の名前で、冴えないいじめられっこ(おたくってわけでもなくて)なんだけど、友人を通してちょこっとづつ変わっていくお話。
スローに進む展開が気まずくて、味わい深くて、身に覚えがあったりして、しみじみした。最初は「何やってんの」って思っちゃうような主人公をいつのまにか応援してて、だからこそラストの展開のグルーヴがたまらなかった。たぶん、また借りるだろうな。



今回たまたま3作品ともベタ褒めです。
どれも良かったなーアタリだったなーって作品ばかり。共通して思ったのは、「また観たい」「元気が出た」、ってこと。



: 音楽とか美術とか映画のこと : comments(0) : trackbacks(0) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>