よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

2013年、映画アタリ年でした その1
久々の映画にっき。
2013の覚書はたった2つだけでしたが、それ以外にも一杯見ててそれでもって2013はなかなか粒ぞろいでした。
こぼれてるやつをざざっと書いてみます。

「007 スカイフォール」
年始に夫婦で映画館で観ました。でっかいスクリーンで見るべき映画だし、アバンタイトルまでで7割満足しちゃえました。
アバンタイトルをよく見ておくと後の展開も大体予測がつくっていう連続TVアニメのオープニングと同じつくりになってます。(ネタバレでつまんないってほどじゃないですよ)ダニエル・クレイグは「ドラゴンタトゥーの女」の時みたいにもうちょっと情けないほうが好きだけど、そんでもやっぱ、めちゃくちゃかっこよかった。かっこよさの半分は顔よりも立ち居振る舞いとスタイルの良さでしたね。ばっちり決まってた衣装の多くはトム・フォードのスーツなんですが、このトム・フォードさんの作った映画「シングルマン」もめちゃくちゃいい作品です。おすすめ。
「ドライヴ」
この映画一本でドカーンと大好きになったニコラス・ウィンディング・レフン監督。DVDレンタルを3度観してしまった映画。
この映画でライアンゴズリングに惚れた。ヒロインのキャリーマリガンはそもそも好きだけど更に更に好きに。この監督の他の作品も後追いで見たけど、どれも上辺のテイストが違うだけで、中身の濃さや抑えに抑えた表現方法、と削ぎ落せるところまで惜しげもなくカットされる場面の数々のなんと素晴らしいこと。
俳優の趣味も、音楽の趣味も、画作りに対する執念めいた色遣い、どれも好み。今後もヒット飛ばす作家になるはず。
「ジャンゴ 繋がれざる者」
タランティーノの西部劇!ディカプリオが超悪党を楽しそうに演じてて(ちょっと楽しそうすぎるのだけど)、よめこ愛しのクリストフ・ヴァルツがカッコいい映画。「もしも黒人が賞金稼ぎのガンマンだったら〜」っていうお話に復讐劇が絡むタラちゃんらしい話。
分かり易い勧善懲悪の舞台を人種差別も絡めてつくりあげて、最初は「ありえなーい」って思ってても観ていくうちにめっちゃノれるお話を作りあげるタランティーノはやっぱすごいなあ。
面白かったけど、「イングロリアス・バスターズ」のが好き。

「パシフィック・リム」
2013年のNO1映画!ロボットアニメが大好きな少女時代を送った私には胸がいっぱいになる映画でした。
ほんま、よくできたロボット映画で3D吹き替えで体験できてよかったです。菊池凛子も芦田愛菜もすごくよかった。ギレルモ・デル・トロ監督のロボット愛がスゴくて、ただただ有り難く拝むわたくし。珍しくパンフレット買っちゃったし。続編も森マコ少女時代のスピンオフも観たい!ってむきだしにクレクレ状態です。もちろん今後、息子にも見せます。
ちなみにデル・トロ監督の「パンズラビリンス」「へルボーイ」「永遠のこどもたち」もお手軽にレンタルできて面白いのでお勧め!但し、「パンズラビリンス」は子供向けファンタジー映画のフリをしてますがそうでもないのでお気を付けを。(息子を大泣きさせました)

「ワールドウォーZ」
パシリムと映画館をハシゴして夫婦で観た。
パシリムには劣るけど、結構面白かったです。小学生くらいなら子供でもイケるゾンビ映画で、スプラッタないので女性でもOK。ゾンビの量もここまで多いと圧巻だね〜っていう映画。でも3Dじゃなくてもいいような気がしました。
飛行機が落ちても割と平気なブラピ。「しょーがねえなあ」って世界を救うブラピ。ブラピさまはゾンビに囲まれてもいつもの通り終始ダルそうでした。そうそう、ラストの展開でどーしても解せない部分があって夫婦して帰り道「あれはないわーー」の合唱になったなあ。(でもそれも含めて楽しかった)

 
その2に続きます。
: 音楽とか美術とか映画のこと : comments(0) : trackbacks(0) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>