よめこの日記
しょうゆの花房 はなふさよめこの日記

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

2013年、映画アタリ年でした その3
大事な二つを忘れてたので、追記。

「ブライズメイズ 史上最悪のウエディングプラン」
下ネタバリバリ、ゲロゲロのコメディ映画なんだけど、お話がすごくすごく良かった!主演のクリスティンウィグは脚本も手がけてるらしいですが、芝居も素晴らしかったです。端役も良くて新妻と倦怠期妻が結婚生活について語る場面とかめちゃくちゃ面白い。あと、主人公と恋仲になる男優(クリス・オダウド!)がめちゃくちゃ男前な設定じゃないところも好感〜
笑いながらも、主人公に振り重なる不幸の数々に「この映画どうなんの?」ってだんだん不憫でヒリヒリしてきたところでの、メリッサ・マッカーシーの励まし。「自分の不幸を周囲のせいにするな、人生と戦え!」ですよ!フォオオオオーー!熱い!ファイトクラブだ!
それまでは「クレイジーなデブキャラ」でちょっと嘲笑う感じのキャラなんだけど、それをも十分に踏まえての彼女が放つこの励ましに、よめこの心は号泣でした。(この芝居でアカデミー助演女優賞ノミネート、めちゃくちゃ頷けます)ラストにかかる曲の英訳がまた良くて(町山さんだったのね!)、イヤなこともあるけれど「とりあえず今日、頑張っとこう」って気持ちになれました。こんなにいい気持にさせてくれるとは思ってなかったです、ほんと。
 

「世界に一つのプレイブック」
アメリカ版「バトルロワイヤル」といわれる映画「ハンガーゲーム」をまだ見ていなくて、噂のジェニファー・ローレンス主演作を初めて観ました。これで主演女優賞獲ったのか〜って、え?まだ23歳うっそ?貫禄あるなあ〜やっぱアメリカは層が厚いわ。と改めて。
本来な好きなタイプの女優じゃないはずなのに何故か惹かれる、輝いてる…って意味では私にとって綾瀬はるかのようです。動いてナンボ、しゃべってナンボっていうイキイキした魅力を放つ彼女の大ファンになった。もうひとりの主人公はブラッドリークーパーで、情緒不安定な視線のおぼつかない感じ、キレたらとまんないとこ、笑えました。しかもデニーロがお父さんで出てくるの!「あーアンタがおやじなんだねーだから息子もそうなんだねー」って出てきただけで笑っちゃった。うまいキャスティング。
精神を病んでることで、周囲は応援しつつも「腫れもの扱い」。そんな周りの態度にイラつき傷つく主人公たち…なんて書くとずいぶん暗い物語のようだけど、あくまでもラブコメに作ってあってそこもすごい。ラブコメって男は苦手だと思うのだけど、これは男でもイケるラブコメだと思います。あと、ところどころ、「バッファロー66」と被るなあ〜と思ったりもしたり。(おやじがスポーツ賭博に狂ってたりね…)あ、でもこっちの女神はあんなに儚くなくて、めちゃめちゃ強そうです。そして、そこがいい。





以上、年末に集中してみた映画2本、どっちもオススメです。

さて、今年はどんな映画に出会えるかな〜














 
: 音楽とか美術とか映画のこと : comments(0) : trackbacks(0) : posted by はなふさ よめこ


www.syouyuhanafusa.co.jp

スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク


www.syouyuhanafusa.co.jp

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>